マンション売却を行う場合「媒介契約」という言葉を耳にします。これは、どのような契約方法なのでしょうか。ここでは、気になる媒介契約について詳しくご説明しましょう。
正しい契約方法を選択する事が、マンション販売をさせる成功する近道へと導きます。

媒介契約って何?

契約の種類

媒介契約には、3種類の契約方法はあります。まず、専属で媒介を行う「専属専任媒介」と「専任媒介」そして、それ以外の「一般媒介」と呼ばれる方法です。
専属専任媒介や専任媒介は、その名の通り、一社に絞って仲介をお願いする方法を採ります。この為、他の不動産会社に仲介をお願いする事が出来ないルールとなっています。ただ、依頼者に対してこまめに連絡を行い、販売状況や売却の状況などを教えてくれるというメリットが存在しています。
それに反して、一般媒介では複数の不動産に仲介を依頼する事が出来ます。しかし、専任媒介や専属専任媒介のように、まめな連絡は特に義務づけられていません。

登録義務のある専属専任媒介と専任媒介

専属で契約を行う場合は、物件の情報を指定される機構に対して登録を行う必要があります。この登録先には「レインズ」と呼ばれる物件情報の指定流通機構が存在しています。
専属専任の場合は、契約の締結後5日以内に登録を行います。また、専任の場合は2週間以内に登録を行う義務があるのです。もちろん、一般媒介の場合でも登録は行われる事が一般的です。

専属専任と専任媒介の違い

どちらも専属契約、というイメージがありますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。自分で買い手を見つけて来た場合、仲介業者を依頼するのが「専属専任媒介契約」になります。その反対に、仲介業者に依頼する義務を持たないのが「専任媒介」になるのです。
専属専任と専任媒介は、どちらも3ヶ月以内の契約が(法律で)決められています。これは、売主に対して効力を持つ「拘束力」が強いため、このような期間の限定が定められました。

更新情報

2013年12月28日
マンション売却と賃貸を修正しました。
2013年12月27日
中古マンション、買い手はここを見ているを追加しました。
2013年12月26日
マンションが売れない時を追加しました。
2013年11月19日
マンション売却と消費税増税を追加しました。
2013年11月19日
マンションの媒介契約についてを追加しました。
2013年11月19日
マンションいつ売ればお得?~その2を追加しました。
2013年11月19日
マンションいつ売ればお得?~その1を追加しました。
2013年11月19日
買い手に喜ばれる中古マンションを追加しました。
2013年11月19日
マンション査定を行う業者について~その2を追加しました。
2013年11月19日
マンション査定を行う業者について~その1を追加しました。